MENU

薄毛対策

薄毛とは何らかの原因で髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなり、その結果、「髪の毛が薄くなる」といった状態になることですが、いったいなにが原因で薄毛となるのでしょう。
原因はいくつかあげられます・・・・。
「生活習慣は大丈夫ですか」・「適度な運動を心がけていますか」・「タバコの吸いすぎは注意しましょう」・「心的ストレスの解消をしていきましょう」・「最近太ってきたけど・・・」・etc
抜け毛には遺伝的要因から内因的・外因的な原因など様々あります。
心当たりがある原因対策を考え一番効果のある薄毛対策をするようにしてください。
なにより継続力が大事になりますからね!

 

チャップアップ(CHAPUP)の特徴

薄毛に悩む方に、非常に高い人気得ている育毛剤です。ユーザーから絶大な支持を受ける育毛剤…それがチャップアップ(CHAP UP)です。
チャップアップは育毛を促進するだけではなく、同時に脱毛も予防してくれるところが特徴です。
しっかり髪を守るが大事ですね!いくら育毛をしてもそれがすぐに抜けてしまっては意味がありませんからね。
無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
日本臨床医学発毛協会会長 松山淳氏 推奨!
■50種類の育毛成分配合
■100%無添加・無香料
■全額返金保証!保証書付き
”30日”で実感できる...医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ!

評価 評価5
 
 

M字型育毛剤ついて誕生【薬用プランテル】の特徴

最近頭髪がM字になってきた…とお悩みの方はコチラ!
なんとM字型専用の育毛剤が・・・気になる方必見です!
M字は髪型でごまかせる分、薄毛の進行度合いが分かりにくいものです。
久し振りに髪をかきあげてみたらものすごく深いM字になっていた…というのは感じたくはないんですがありますよね。
薄毛の進行を放っておくと大変です、毛根が無くなる前にこのプランテルをお試し下さい!

三大育毛成分による黄金比トリプル発毛促進構造【発毛促進、血流促進、フケ・かゆみ抑制】
3つの育てる力で、頭皮・毛髪がもつ本来の姿へと導きます。
さらに!ぐんぐん育む7種の自然由来成分~毛活性因子 最適配合!
ヒオウギ、牡丹、ビワ葉、シナノキ、ヒキオコシ、海藻、プロビタミンB5配合で遺伝の悪夢を断ち切ります!

☆効果がなければ、全額返金保証付!

評価 評価4.5
 
 

育毛剤ポリピュアの特徴

全く新しい発想の育毛対策キャッチコピーの育毛剤のポリピュア!! ただ・・・どんなところが全く新しい発想なのか? それは、人の生体内機能の研究において再生医療という分野があるのですが、その過程で偶然発見したバイオポリリン酸というものがポリピュア独自の成分となっています。 これは遺伝や年齢に関係のない育毛を目指す上で特に効果が期待出来る成分ということで今注目を集めている成分です。 その成分が含まれたポリピュアはまさに次世代の育毛剤と言っても過言ではないかもしれません。 シリーズ累計3,000,000本突破!!さらに嬉しい45日間全額返金保証付き! 安心して試すことが出来ますよ。。

評価 評価4.5
 
 

完全無添加“世界初”分子ピーリングの発毛・育毛ミスト「M-1」の特徴

世界初!分子ピーリング発毛・育毛ミスト!
頭皮の内部から毛髪促進「M-1」
世界が認めた発毛メカニズムを採用…それがM-1ミストです。
世界46か国が参加した250の毛髪関連演題の中において最優秀賞を受賞!
自然派を目指す方には必見です!

評価 評価4
 

薄毛の原因

薄毛は、頭髪量の減少や髪の毛が細くなるなどにより、地肌が見えて しまっている状態のことをいいます。
日本人の男性のうち、薄毛を気にする人は年齢が上がるにつれて増えてきています。近年では男性だけの悩みでは無くなっているのも特徴です、女性も薄毛について悩む人が増加しています。

 

薄毛対策を始める前に、まず薄毛の原因はなんであるかのか薄毛の原因をしっかりと把握する事が大切です。

 

遺伝が原因

薄毛の原因は、「遺伝」と考えている人は多いと思います。
一番あてはまる症状は、男性型脱毛症というものです。これは、AGAと呼ばれるものです。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因として考えられていて、年齢とともに抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。
これは、日本人男性全年齢において、約3割ほどの割合で存在しているといわれています。
少なからず薄毛は遺伝するものですが、遺伝ではない原因による薄毛もあります。

 

男性ホルモンが原因

「男性ホルモン」の分泌量が過剰すぎると、抜け毛や薄毛やの原因となってしまいます。
男性ホルモンの約95%を占めるのがテストテロンです。
テストテロン自体には髪を太くする効果もあるのですが、テストテロンが5αリダクターゼと結合してしまうとジヒドロテストステロンという物質に変わります。そして、ジヒドロテストステロンが抜け毛や薄毛を引き起こす原因なのです。
つまり、男性ホルモンは薄毛の原因ではありますが、5αリダクターゼが多く生成されるかどうかには個人差があり、テストステロンが5αリダクターゼと結びつきやすいかどうかも体質によります。

 

生活習慣やストレスが原因

過度なストレスが溜まると、抜け毛が増えるといわれています。 過度なストレスを受けることで、自律神経が乱れ、ホルモンバランスがおかしくなってしまいます。その結果として男性ホルモンが過剰に分泌し、薄毛の原因になってしまうことがあるのです。
また、髪の毛の成長に必要な栄養分が不足しているという事も挙げられます。その基盤になるものが毎日の食事や生活習慣です。 ビタミンやミネラルが不足したり、徹夜が続き睡眠不足になったり、生活の乱れは髪の毛の成長自体を妨げます。実のところ、生活習慣の乱れによる抜け毛・薄毛の人は非常に多いのです。

 

 

以上をふまえた上で、早めの対策を行っていきましょう。

 

対策①シャンプーは優しく丁寧に

毎日何気なく行っているシャンプー。やり方次第で頭皮への負担が数段と変わってきます。
シャンプーを正しくやるというのは、非常に大事な薄毛対策となりますので、しっかりとポイントをおさえましょう。

 

①優しく丁寧にマッサージするように洗う

大切なポイントは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うことです。あまり強い刺激は毛根を痛める原因となってしまうので、洗う時には頭皮が傷つかないように、爪を立てずに指の腹で優しくマッサージをするように洗いましょう。

 

②すすぎ残しがないようにする

すすぎも重要なポイントです。頭皮にシャンプーやリンスが残ってしまったままでは悪影響を与えます。シャンプー剤が残ったままにしておくと、キューティクルやタンパク質が傷ついて、次第に髪が細くなっていきます。特に残りやすい生え際に注意して、十分時間をかけて洗い流すようにしましょう。

 

②ドライヤーは短時間にする

髪の毛だけでなく、頭皮もドライヤーの熱に弱いので、できるだけ短くするように心がけましょう。
最低でも10センチは頭皮から離して使い、同じ場所にずっと当てないように注意してください。
髪を濡れたままにしておくと、髪を痛め、頭皮に雑菌がわきやすくなりますので、寝る前には確実に乾かしておきましょう。

 

 

対策②カラーリングやパ-マは控える

健康的な太くて長い髪の毛を生やすためには、健康的な頭皮を得なければなりません。しかしヘアカラー剤には、危険な成分が含まれてます。カラーリングやパーマは、頭皮に大きなダメージを与えるので、薄毛を助長します。

 

ヘアカラー剤に含まれる成分例

・パラフェニレンジアミン
・フェニレンジアミン
・アミノフェノール
・レゾルシン
・過酸化水素など

 

カラーリング剤に含まれる成分によって、頭皮のかぶれや炎症を引き起こし、頭皮にダメージを与えます。
たとえば、パラフェニレンジアミンとフェニレンジアミンについては、ジアミンと呼ばれている成分で、アレルギー性皮膚炎などを起こしてしまうとされています。
カラーリング及びパーマを繰り返し行うと、頭皮のダメージが蓄積されて、最終的には薄毛になってしまいます。
なので、なるべくカラーリングやパーマはやらない事が良いのですが、どうしてもという時は低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

 

対策③頭皮を紫外線から守る

頭皮の浴びる紫外線の量は、実のところ顔の2倍以上です。顔と同様に頭皮にも紫外線のダメージを受けてしまいます。
ダメージを受けた頭皮は、かゆみやフケ、そして薄毛や抜け毛といったトラブルに見舞われます。
日本では5月から9月の間が最も紫外線の量が多いとされています。
春になり日差しが暖かくなってきた頃から真夏にかけて、特に日中(午前10時から午後2時の間が最も紫外線量が多い)のお出かけの際は必ず日傘や帽子をかぶるなどして、頭皮も紫外線対策のUVケアをするようにしましょう。

 

 

対策④質の良い睡眠をとる

髪の毛は寝ている時に分泌される成長ホルモンによって成長します。薄毛対策として、いかに成長ホルモンを分泌させるかが鍵となるのです。
睡眠における重要なポイントとは、質の良い睡眠をとることです。
眠りが深い時に成長ホルモンが大量に分泌されています。
理想の睡眠時間は6~8時間です。脳から成長ホルモンが分泌される時間が6~8時間ぐらいといわれているからです。
髪が最も成長する時間帯としては、夜10時から2時と言われていますので、なるべく10時には寝るようにしましょう。

 

 

対策⑤毎日有酸素運動で汗をかく

発毛を促進するためには、頭皮の血行を促進して新陳代謝を活発にする方法がいいといわれます。
有酸素運動を毎日一時間ほどすることで、身体の中の毒素は汗と一緒に出るので、発毛促進にも有効な方法です。
有酸素運動を有効に取り入れ、血管を広げて血行を促進し、体も引き締めつつ頭皮へも十分な栄養を与えましょう。

 

 

対策⑥栄養のバランスのとれた食事

食べ物は体はもちろんのこと、髪の毛の成長にも大きく関っています。
バランスの良い食事をとっている人は、毛髪の状態や頭皮環境が良く、薄毛の悩みも少ないのです。逆に不摂生な食生活の人は、栄養素が偏り、皮脂分泌が過剰になったり血行不良になり、髪の毛が成長できる環境を生み出せない状態を引き起こします。
栄養バランスがとれた食事は、髪の毛の成長には欠かせませんので、バランスの良い食事をして、薄毛を改善させましょう。

 

 

薄毛予防において特に重要な栄養素は、

・ビタミンB6
・ビタミンB12
・亜鉛

 

の3つが挙げられます。

 

 

ビタミンB6は、タンパク質から髪の毛を作り出すために必要な栄養素です。ビタミンB6をしっかりと取ることで、丈夫な髪を作ることができます。
ビタミンB6を多く含む食べ物はとしては、にんにく、まぐろ、レバー、かつおなどがあります。
ビタミンB12は、毛母細胞が細胞分裂を行うために必要な栄養素です。ビタミンB12をとることで、髪の毛がしっかりと成長できます。
ビタミンB12を多く含む食べ物としては、しじみ、あさり、いくら、レバーなどがあります。

 

 

亜鉛は、タンパク質の吸収を高めてくれる働きがあり、これにより体や髪の成長を促してくれます。亜鉛の働きによって髪を作り出す元ができ、そして他の成分のサポートをしながら健康な髪を作り出してくれるのです。
亜鉛を多く含む食べ物としては、牡蠣、卵、納豆、チーズなどがあります。

 

 

もちろんのことですが、この3つの栄養素だけをとれば薄毛予防になるというわけではありません。薄毛対策においては、栄養バランスのとれた食事を行う事を前提として、特にこれらの栄養素はしっかりとってください。

 

 

対策⑦ストレスを発散する

ストレスは薄毛の大きな原因となります。今の現代社会において、みなさん何かしらのストレスを感じながら生きています。
ストレスを全く無くすというのは難しいので、好きなことに集中したり、運動したりしてストレスを上手く発散するようにしましょう。

 

 

おすすめのストレス発散方法をご紹介します。

 

運動をして汗を流す

全身の筋肉を使うことで、脳内から興奮物質が分泌され、気持ちよくなったりコルチゾールというストレスホルモンを分解します。

 

思いっきり泣く

泣くというのも、とても効果のあるストレス発散法です。涙と一緒にコルチゾールなどのストレスホルモンも体の外に放出されるのです。そして、脳内からエンドルフィンという神経伝達物質が放出されることで、心がすっきりします。感動する映画や音楽を聞いて、時には思いっきり泣いてください。

 

大声で叫ぶ

大声を出すときには、腹式呼吸のようにお腹の筋肉を使います。それに連動して横隔膜が動くので、その結果自律神経に刺激を与えることができ、ストレス発散となります。スポーツ観戦やカラオケなどで大声を出してみましょう。

 

 

対策⑧タバコをやめる

タバコの喫煙は私たちの体に様々な影響を及ぼします。
タバコの喫煙とともに取り込まれる有害物質の一部は、そのまま体に蓄積されるものも多く、健康に悪影響を与えます。
髪の毛も私たちの体から作られるものです。
有害物質は内臓器官だけでなく、さらに薄毛になるなど私たちの外見にも影響を及ぼすのです。
ニコチンは血管を収縮させてしまう働きがあり、これによって血行の流れが悪くなり、栄養が身体に運ばれなくなって、薄毛へとつながっていきます。
薄毛対策を考えられるなら、タバコは絶対に吸わないようにしてください。

 

 

対策⑨アルコールを控える

アルコールは栄養の妨げになり、せっかく取った栄養分がしっかり吸収されなくなります。お酒が体内に入ると分解され、アセトアルデヒドという毒性の強い物質が作られます。これを体が懸命に分解し、無害な酢酸に変化させるのですが、その際にアミノ酸やビタミンB、亜鉛といった、髪の毛の成長に大事な栄養素をたくさん消費してしまうのです。そのせいで髪が栄養失調になってしまいます。
お酒の飲みすぎはもちろん健康にもよくありませんし、頭皮にもよくありません。
適度な量を心がけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
髪の毛は、元に戻るまでには、薄毛になるのにかかった時間と同じくらいかかるといわれています。自分の髪の毛に違和感を感じたら、早めに薄毛対策をしていきましょう。
早く対策をしていけば、それだけ回復までの時間が短くなるというわけです。自分にあった方法を見つけ、最適な対策をしていきましょう!